2017年11月13日月曜日

吊戸棚のリフォームとステンレストップのキッチン収納

以前新築のキッチン収納をオーダーしてくださったH様。

H様のお友達がH様宅に伺った際にキッチンがとても素敵でご自身も

ご自宅を建てられる時にオーダーしたいと嬉しいご連絡をいただきました。

システムキッチンの後ろのキッチン収納の製作と吊戸棚のアレンジです。

システムキッチンとセットで上部に付いていた吊戸棚。

システムキッチンの上だとリビングから見た時に圧迫感があり

設置したくはないけれど、システムキッチンと吊り戸棚がセットなので

どうしたものかと・・・。

システムキッチンの背後に吊り戸棚を移動してもらい、扉と棚板をリフォーム

することにしました。

素材選びは木目の少ない木材よりラスティックな雰囲気にある感じが

お好きな様でしたので、節などが混ざるナラと白太(しらた。

外の皮側に近く色の白い部分)などが混ざるウォールナットなど

数種類をご用意しお選びいただきました。

こちらはウォールナットの節、白太なし


ウォールナットの節、白太あり。同じ樹種でも印象が全く違います。


ナラの柾目


ナラの板目


ナラは同じ樹種でも丸太からの木材の切り出しの仕方で木目が違うものとなり

好き好きも分かれるところです。

ここに節を入れ込むと更に印象が変わります。

今回は節のあるナラをお選びいただきました。節も入りすぎずない

絶妙なバランスを心がけました。


システムキッチンの付属のシンプルな吊戸棚です。

扉と内部の棚板を交換すると・・・。


無垢のナラで框を組み、縦ラインの入ったフランス製のガラスをはめ込みました。


細かいことですが、ガラスで吊戸棚内部が透けて見えるので

棚板の前側にナラを加工してあります。

こうすることで扉と内部の印象が統一されます。

もしもの地震に備えてガラスの裏面には飛散防止のシートを貼り

揺れで扉を開かなくする耐震ラッチを取付けました。

吊戸棚の下には無垢材ではなく、ステンレストップの

キッチン収納をお作りしました。


ステンレスはヘアラインやバイブレーションなどからお選びいただき

ヘアライン仕上げに。




ステンレストップの角は丸すぎず、鋭角すぎず・・・ステンレスの

スタイリッシュさを最大限に活かします。




右側には底板が無くキャスター付きのダストボックス3個をスムーズに

出し入れできます。




真新しい真鍮の取っ手は使い込んでいくと味わいが増していきます。

見た目だけではなく心地よく安全にご家族と共に寄り添う家具と

なります様に。

ご注文ありがとうございました。

















2017年10月12日木曜日

統一感で綺麗にまとめる リビング収納とテレビ台

以前delbiancoでダイニングセットやテレビ台などを納品したお客様の

お家に訪問し、ぜひ私達もオーダーしたいと嬉しいお話しをいただきました。

ご相談を受けたのはリビングの収納とテレビ台です。

生活の中で少しずつ荷物が増え、ラックやカラーボックスを買い足していくと

気が付けば収納がバラバラで雑多な印象になりお困りの様でした。

視線の集まるテレビ台とその横に配置する収納の色や素材を同じものにすると

統一感が生まれとても綺麗に見えます。



模様替えもし易い様に脚はキャスターに、天板は裏から配線を通せる
仕様になっています。


収納は大容量でW2600mm , H900mm 圧迫感がない様にナラを使い
優しい印象に仕上げました。


可愛いアンティークの取っ手を奥様がご用意して下さり取り付けました。

奥様が産休中ということもあり、可愛いお子様達とご自宅ですごす時間が

より快適になれば幸いです。

ありがとうございました。


2017年7月19日水曜日

大切な人を想う気持ち

今年の2月にdel bianco本社工場にお客様がご来店されました。

ご依頼の内容はご自宅の和室にある小さな仏壇を乗せる台の製作でした。

設置場所のスペースに合い、希望の内容のものがなかなか見つからず

オーダーにて製作させていただくこととなりました。

一段目は引き出せるご供養台と、2段目は書類やお線香

ろうそくなどを入れる収納にしたいとのこと。

お子様達がぶつかったりして怪我をすることが無いよう角に丸みを

持たせることもご相談いただきました。


素材は針桐(ハリギリ) 別名 栓の木(センノキ)を提案させていただきました。

漆器などに使われる色白で美しい木目の樹種です。


引き出して使うご供養台。


下は収納です。


小さなツマミも手作りしました。




壁への固定を行わないとのことになり少しでも倒れにくくする為に

脚は台形になっており、仏壇と台を後ろで固定する方法にしました。

大切な方を供養する気持ち、子供達が怪我をしない様に細部の

仕様を考える気持ち。

思い返すと今までの沢山のお客様は皆さん、ご家族や大切な人が心地よく

使える様にご相談をいただいています。

当たり前かもしれませんが大切にしていきたい皆様の想いを

改めて感じることができました。

ありがとうございました。






2017年6月20日火曜日

理想の家の空間づくり

delbianco 本社工場近くに家を建てるというお客様が訪ねて来られたのは
2016年の10月のことでした。

建売りではなくハウスメーカーでの注文住宅ですが
より希望に近い家具、建具その他をご相談いただきました。

沢山打ち合わせを重ねた中で製作させていただいた物を紹介させていただきます。

まず玄関ドアを開けて正面にあるシューズボックスです。
美しい木目のチェリーを選びました。



他にウォークインシューズクロークがあるので、こちらのシューズ
ボックスはあまり大きくせず床から浮かせて設置しました。

軽やかな印象を与え、湿気が溜まりにくいという利点もあります。
照明もあり、とても明るいエントランスです。

次は2階へ上がり廊下にあるトイレ横の洗面台です。

家を建てたり、リノベーションをする時に製作希望の多い創作洗面台。

タイルを貼ったり洗面ボウルを選んだりお好みに合わせて様々な
洗面台がお作りできます。

今回の洗面台はトイレ横で目的は手洗いなのでトイレの引き戸と
色合いを合わせ、ウォールナットの無垢を使い水に強い塗装を施し
シンプルに仕上げました。



洗面台の下にはタオルを少し置ければということでオープンの棚板を設置しました。
すっきりしていて掃除も簡単です。



廊下からリビングへ向かうとW1785、H3926の大きな引き戸があります。
SODA BUBBLESという可愛らしい柄です。

リビング側はまっ白でホームシアターのスクリーンの役割も果たします。

小さなお子様が安易に開け閉め出来ない様に手かけの位置や形状も
色々提案させていただきました。




扉を開けて中に入るとリビングがあり、ステップフロアーでダイニング
キッチンへと続きます。

システムキッチンの後ろに天板厚みが45mmの無垢のウォールナットで
キッチン収納をお作りしました。


キッチンなので濡れることも配慮し、オイルを丁寧に4回塗り重ねました。


キッチンでの動線を考えながらゴミ箱、レンジ、炊飯器などの配置を
打ち合わせを重ねての完成です。

ダイニングキッチンの奥にはスタディコーナーがあります。

吹き抜けの様に天井が高くて明るい心地のよい空間です。





スタディコーナーの天板にはメープルを使いました。

メープルは色白で木目の雰囲気は柔らかい印象ですが、ヴァイオリンや
ボーリングのレーンにも使われる樹種でとても堅くデスクやテーブルに
向いています。

こちらもオイルを塗り重ねしっとり艶やかに仕上がりました。

メープルは日の光で少しづつ色が濃くなっていきます。
その過程もとても美しいです。

再び廊下に向かい階段を上り3階へ。


廊下を進むと夕日のような朱色の空間が現れます。

明るさを抑えて心地よく眠ることができそうな主寝室とカラフルで
可愛らしい子供部屋の間の廊下の奥で、読書や調べものなど
一人になって集中できそうなスペースです。


朱色との相性を考えてお勧めしたのはキッチン収納やトイレ洗面台と
同じウォールナットで天板をお作りしました。

掘りごたつの様に足の所が一段下がっているので天井も高く感じられて
なんて心地が良いのでしょうか。

家を建てられるにあたって随所に工夫やこだわりが感じられて
それを形にする実行力に関心しきりでした。

想いの沢山つまった新居での生活、私達もとても楽しみにしています。

ありがとうございました。




2017年3月28日火曜日

TRATTORIA NAKATA

少し前に大学の同級生とその旦那様のお店 TRATTORIA NAKATA に
追加の椅子を納品しに行ってきました。
元々はフレンチのシェフだったので美味しさは勿論のこと、
料理がとにかく美しい!!!
6周年を迎えた人気のお店は席が足らずお断りするお客様を少しでも減らしたいと
1席増やすことにしたそうです。
納品と共に心のこもったランチを頂きました。ご馳走様でした。


TRATTORIA NAKATA
東京都港区白金台2-25-5  TEL:03(5793)7083  都営浅草線「高輪台駅」より徒歩1分
※満席なことがありますので予約をおすすめします。

2017年1月13日金曜日

春から新一年生の君へ

4月より新一年生になる娘さんがいるお客様よりデスクのご相談がありました。

進学に伴い屋根裏をお子様のお部屋にしたいとのことですが、三角屋根の屋根裏で

窓に合わせた空間にピッタリ収まるデスクをお探しでした。

デザインについては、いかにも学習デスクというものではなく、大人になっても使い

続けることができて、嫁入り道具としても持って行けるといいなという奥様の

ご希望でした。

濃い色味の木がお好きでしたので、素材はウォールナットにし、コルクボードを

貼りました。

2歳年下の妹さんの分も合わせてご注文いただきました。







ここで娘さん達が並んで勉強をするんだなととてもうれしい気持ちになりました。

これからもお客様の気持ちに寄り添い、永くお使い頂ける素材とデザインの家具を

ご提案できたらと思います。

一緒に春の訪れを待ちながら・・・。

ご注文ありがとうございます。

2016年5月26日木曜日

本社工場ショールームができるまで・・・その1

  
本社工場にショールームの役割を移転してから早くも4年半・・・。

家具はあるけれど吉祥寺のようなスペースを確保できずに試行錯誤の日々を

過ごしておりました。

吉祥寺店舗でのお客様からの追加注文をいただいたり、ご紹介していただくことが

増えて実際に見て感じていただく空間を、小さいながら準備しております。

仕事の合間に分担してのショールーム制作ですが、一歩ずつ進んでいます。